fc2ブログ

とある風の強い日のはなし。

ふ、と思いついた、風の強い日の二人のはなし。
眠り姫と蜘蛛男の、騒がしく静かな夕暮れのことでした。

続きからどうぞ。
(写真はありません)




怒り狂う風が、うなり声を上げて町を吹き荒らす。
外の様子が気になるのか、わざわざ閉めた雨戸を開けに行こうとする男が一人。
そんな男を、ぽんやりと見つめる少女が一人。
その後ろでは、紅茶を淹れるためにと沸かされていた湯が、静かに湯気を立てている。

「すごい風ですねぇ~」

男が、ゆったりと、しかし弾むようにつぶやいた。
愉快そうに浮かべる笑み。 男は、この悪天候をさほど嫌ってはいないようだ。
少女は、何を疑問に思ったのか、こてんと首を傾げただけに終わった。

「何をそんなお怒りになっていらっしゃるのか、風さんってば… わわっ!?」
その時、男が興味本位で開けた雨戸から、すさまじいほどの風が突っ込んできた。
風に引きちぎられた木の葉が舞い込み、机においてある本はバラバラとページをめくる。
「これはこれはご機嫌斜めのようだ! お取り込み中のところ失礼!」
慌てて雨戸を閉め、一息つく男。
その男はと言うと、襲い掛かってきた雨粒に手と顔を濡らし、
葡萄(ぶどう)にも似た色をした、軽くウェーブのかかった髪を風に乱されてしまった。

「いやぁ、見事に突っぱねられてしまいましたねぇ… せっかく整えた髪もくしゃくしゃです」
かすかな笑い声を交えながら、手櫛(てぐし)で軽く髪を整えなおす。
濡れた手と顔を拭きににいこうとした男の顔を、真っ白なタオルが覆った。
少女だ。 押し付けるようにして、男の顔を拭く。 華奢(きゃしゃ)な手と腕の割りに、その力は強かった。
少女は加減を見ていなかったのか、タオルで塞がれた口からやっと出た間抜けな声に、男が自分から吹き出した。
「あはははは、これはすごい力だ! 拭いてくださってありがとうございます、お姉さん♪」
少女は、陽気に笑う男を指差し、軽く首を振った。 『悪い子だ』とでも言いたいのか。
そんな少女を見て、男はきまりの悪そうな笑みを浮かべる。
「…はーい、ごめんなさい、お姉さん」
ふざけるように差し出された謝罪の言葉に、反省の意があるとは思えない。
少女は、少し頬を膨らませて、男を指した指でその額を小突いた。
そして、少女は男の手を軽くたたくように拭いた後、湿ったタオルを綺麗に畳む。
さっきの大胆さを疑いたくなるほど、角をきっちりと合わせて畳まれたタオルを見つめ、
「あなたは不思議な人だ、アナスタシアさん」
と男は言葉を零(こぼ)した。

その後ろで、まだ、沸かされていた湯は静かに湯気を立てていた。

「おやおや、忘れてしまうところだった! そろそろ淹れ頃ですかね♪」
ゆったりと男の大きな足が踏み出される。 鼻歌でも聞こえてきそうだ。
ティーセットを食器棚から取り出し、男は、アナスタシアと呼ばれた少女のほうを向いて微笑んだ。
「すこーしだけ待っててください、すぐ淹れます♪」
男の言葉に、少女は特に返事を返すことはなかった。

しばらくして、紅茶の入ったティーカップを手に、男が戻ってきた。
少女はと言うと、シナモンスティックを手に持ち、円を描くようにくるくると回して遊んでいる。
男は姿勢を低くし、楽しそうに少女を覗き込む。
ふわりと、ヒヤシンスの香りが流れるように少女の周りに立ち込めた。
匂いが気になったのか、ふいと顔を上げる少女。 視線は男のほうを向いている。
「香水ではありませんよ。 でも、いい香りでしょう?」
しかし、その時にはもう、少女の視線はカップに向けられていた。
「おやおや…」と、また楽しげに男は笑みを浮かべ、ティーカップをテーブルに置いた。
ことん。 カップがテーブルに置かれる音と同時に、少女も、静かに首をかしげた。
そんな少女を見て、男はまた愉快に笑い声を上げる。 なんと上機嫌なことか。
「…あなたは本当に不思議な人だ… アナスタシアさん」

騒がしい風を置いてけぼりにして、珍しく二人きりで静かなティータイムを過ごした。





初めて、ドールの設定を活用して小説のようなものを書けた気がする私です。
アナスタシアとファーエラの愉快なティータイム…がテーマ。
この二人は意外にも相性がいいんだなーと改めて思いましたね。

ところで、各地で台風並みの雨と風が暴れているそうで。
みなさんは大丈夫ですか?
私のところは、まだ風が吹き荒れています。
ただただ、この嵐が過ぎるのを願うばかりですね…。
スポンサーサイト



コメント

No title

アナスタシアちゃんとファーエラくんとかマジ俺得!

アナスタシアちゃんなんでそんなに可愛いの天使なのってレベルです。ファーエラくんもキャラ立っててかなり好きですが。

私もせっかくドール作ったのだし、オリジの小説をブログにちょこちょこ書いて行こうかな。
ではではー。

To はっかあめさん

地味にこの二人は人気が…w
紅一点の威力は恐ろしや…!
こういう、読みきりみたいなものを書くのがすごく好きでw
これからもぼちぼち書いていくかもです。
Secret

About Me!

午後のだぁ子。

Author:午後のだぁ子。
合言葉は、
『ハイテンション&ローテンポ』
気まぐれ度が半端ない少女。
…気がついたら高校生でした。

Dolls in My House

うちにいる子達。
お迎え日順に表記しています。
アニス
MSDBoy Sakura
Anise=Veeli=Grots

ネージュ
 MSDBoy F-09
Neige=Feeflare

アナスタシア
SDGirl Nana SweetDream
Anastasia

ヴィアブレイズ
SDBoy? Mark 
Viabraze=Ratohle

ダーク(リトル)
MSDBoy F-22 Little=CaptaiN Dark


SD13Boy Link
Farella=Vivits

New Arrival

Comments

Categories

Archives

Links

My Another World etc.

その他の活動場所です。

『こえ部』でも活動しています。
気軽に遊びに来てくださいね♪




  • 管理者以外立入禁止
  • Do you need Searching?

    Everyone on Twitter


    管理人もやってます。
    ぜひぜひFollow me!!



    あれっ、ファーエラさんが
    ドール代表でbot化!?
    他にも増えそうな予感がします。

    ブロとも申請フォーム

    ブロともになって!

    RSSフィード

    Acsess

    今までに来ましたお客様の数は…